殿堂入りセラピスト

 

精◯を自由に だしたいなー
「ハイ! 寛容スカウター」
アンアンアン♪
とってもだいすき ドラえもん

 

 

竿心
どうも、こんちは。さおえもんです。

 

 

 

訪問したメンズエステは店舗タイプ。

 

 

店舗型の方が健全度合いが高いので、
「この健全店でここまで発展していいのか?」
と思えることがたまーにあり、
その時の脳内興奮はマンション型のメンエスと比較しても段違いに高くなるため、
店舗型に足を運ぶのもやめられない。

 

今回はオイタからのNKまでのパーフェクトな出来事をシミュレーションし、
店舗に突撃した。

 

 

フリーで入ろうかと思ったが、
ホームページ上で確認すると、
今すぐ入れるセラピストは誰からも指名されず、
常に待機しているイメージがある。

 

 

待機は地雷セラピストの可能性が高いことを考慮して、
指名することにした。

 

 

指名料をケチったが故に、
結局地雷を踏んでしまうと後悔しか残らないからな。

 

 

いざセラピストとご対面。

 

 

究極の美女とまでは行きませんが、
普通に可愛い。

 

 

肌質は良さそう。

 

 

色白ではじけるような弾力感がありそうな太ももがチラリと見えている。

 

 

白い谷間もわずかに見える。

 

 

容姿に関しては成功。

 

 

シャワーを浴び、
特に指定がなかったので紙パンツを履かずに腰にタオルを巻いて出ていく。

 

 

「ではうつ伏せでお願いします」
と言われたので、タオルをとって裸でうつぶせになる。

 

 

想定内だが、セラピストが一瞬躊躇した。

 

セラピー
お客様、あの・・・・紙パンツを置いていたと思うのですが・・・

 

 

私は動揺せずに答える。

 

 

竿心
え!?あ、紙パンツ履いた方がいいですか?
メンエスは紙パンツ履かないお店が多くて、ここに以前来たときも確か履かなかった記憶があり・・・
すいません。気になるなら履きましょうか?

 

 

セラピー
そ、そうなのですね。
新人なのでよくわかっていないのですが、わかりました。
このままでマッサージさせていただきます。
またわからないことあると思いますが、いろいろ教えてください。

 

めっちゃいい子。

 

あっさりノーパンGET

 

っていうシチュエーションに興奮するが、
デフォなのか、この店舗は紙Pナシでいいとのこと。

 

期待が高まる。

 

 

うつ伏せからのマッサージが始まるが、
ふくらはぎを丁寧にしてくれる。

 

 

メンエス上級者(自称)の私は軽くリクエストする。

 

 

竿心
ふくらはぎはあまり疲れてないので、太ももから鼠径部あたり中心でお願いしていいですか?
新人さんなのにリクエストしてしまって申し訳ないのですが。

 

 

セラピー
わかりました。いろいろ言っていただいた方がありがたいです。
ありがとうございます。

 

 

めちゃいい子(2回目)

 

あっさり鼠径部集中GET

 

太ももの内側から鼠径部に入り込んでくるが、
手の侵入は浅い。

 

竿心
出来る範囲で大丈夫なので、もう少し奥まで可能ですか?

 

 

セラピー
はい

 

 

すると、グイッとかなり奥まで白い手が伸びてきて、私の袋に当たる。

 

みなみ
そう、そんな感じです

 

 

セラピー
ありがとうございます

 

 

ありがとうございますと言いたいのはこちらです。

 

業界にウブな新人セラピストの白い指先が、
変態の私の袋をツンツンしている。

 

気持ち良さマックス。

 

そしてカエル足にシフト。

 

 

カエル足では、内ももから袋にアタックするが
外側からは竿を意識してか、
指の侵入がダイナミックではない。

 

竿心
外側からするときも、内の太ももするときと同じようにダイナミックに奥深くまでしてくれるとありがたいです。

 

 

この新人セラピストはある程度はなんでも答えてくれそうなので、
結構ストレートに誘導する。

 

 

セラピー
は、はい。こうですか?

 

外側から鼠径部めがけて侵入してくる新人セラピストの手が大胆になる。

 

竿の根本あたりに指が触れるような感覚だ。

 

竿心
そうです。そんな感じです。気持ちいいです。

 

私の斜め後ろにセラピストはいるのだが、
少しやりにくかったのか、
私の横(腰の当たりの部分)に少し位置を変えた。

 

 

斜め後ろを見ると、
美味しそうな白い太ももが
・・・・・
陶器のような白さでスベスベ。

 

 

私は無言で手を太ももに置いた(オイタ)。

 

 

一瞬「ビクッ」とした感じだったが、
特になにも言わずにそのまま鼠径部あたりをマッサージしてくれる。

 

 

私は無言で太ももに置いた手を動かす。

 

セラピストは何も言わないので、
手を伸ばし太ももの奥に
・・・
Pの中に侵入する。

 

ここで初めてセラピストが言葉を発する。

 

セラピー
あ、あの、お触りはだめなんです・・・

 

私は優しく言い返した。

 

竿心
大丈夫ですよ。デリケートな部分には触れませんから。

 

いったい、何が大丈夫なのかはわからないが。

 

セラピー
はい。すいません。お気遣いありがとうございます。

 

ありがとうございますと言いたいのはこちらです(2回目)

 

 

デリケートな部分には触れないが、
Pの中に侵入した手はデリケートな部分以外はすべて触りまくっている。

 

 

手が届く範囲ではあるが、
あらゆる部分を触っている。

 

 

そして仰向けタイム。

 

 

仰向けでも最初から鼠径部中心をリクエスト。

 

 

竿心
握る必要はないです。ここも滑らすような感じでしてくれたらいいです

 

 

とほぼ手コキのような要求もしてしまう。

 

 

握る必要はないとう言葉になぜか安心したのか、
新人セラピストは頑張って慣れない手つきで私のアソコに触れている。

 

 

もちろん、仰向けでも私の手はPの中だ。

 

太もも部分から侵入し、
お尻部分まで手を伸ばし
・・・
少しだけ生尻をタッチ・・

 


新人セラピストの困っているような顔が私の興奮を高める。

 

竿心
気持ち良すぎて我慢の限界が近づいてきそうです。

 

 

そう私が言うと、

 

セラピー
すいません。止めた方がいいですか?

 

と真顔で答える。

 

竿心
いや、そのままで、そのままで。
すいません、一瞬だけお願い。

 

 

そういいながら、私の手はセラピストの胸をタッチ。

 

 

セラピー
そこは困ります・・・

 

 

竿心
もう限界なので、すぐ終わりますので、すいませんが少しだけ。

 

 

セラピー
はい・・・

 

 

胸タッチもOKしてくれたので、
調子にのって生乳を触る。

 

竿心
もう限界です、もう限界です。

 

 

そういいながらも私は生乳をもみ続ける。

 

そんな至福の時間が数分続き、
ついに新人セラピストの手が私の竿をいったりきたりしている状態の中、
大放出してしまっ
た。

 

 

出ると思っていなかったのだろうか、
セラピストは「あっ」的な表情を浮かべていた。

 

 

シャワーを浴びてセラピストと軽く談笑する。

 

 

色々触ってしまったことを詫びてアフターケア。

 

セラピー
なんか丁寧だったので、怖さはなかったです。
また色々教えてほしいです。

 

とのこと。

 

この容姿に加えて、
オイタに寛容であれば
・・・
人気は出るのもすぐだ。

 

これだからメンエス通いは止められない。

 

 

店名/セラピストを閲覧する
メンエスで土建マッサされた後、家で何してますの?

私は悔しいから、
お互いの性器を見せ合って過激なオナニーしてますよ。

 

 

 

 

モロ出しNGとかそういう半端な事は無しで、
女の子の待機映像ですらOPIのポロリやパンチラがあるから観てるだけで勝手にFBK確定。

 

普通のアダルト動画でオナニーするのは飽きた

 

 

メンエスで見れなかった無◯正の女の子の身体を見たい
には、
もってこいの在宅での遊びですね👌
おすすめの記事